メニュー
最新情報 rss

2006年02月09日

新年3事業が開催されました。


 新年恒例の3事業(永年勤続優良従業員表彰式・新春講演会・新年会)が、(社)土浦法人会つくば・筑波・茎崎地区会との共催により開催されました。
 優良従業員表彰式では、茨城県県南地方総合事務所の諏訪原守所長、茨城県商工会連合会の石川享専務理事を来賓にお迎えして、15事業所七十三名の方々が、茨城県知事賞・茨城県商工労働部長賞・茨城県商工会連合会長賞・つくば市商工会長賞の各賞を受賞しました。
 沼尻博商工会長は「皆さんの歩んできた道程は、決して平坦な道ではなかったと思います。しかし厳しいからこそ、やりがいがあるとも言えます。皆さんには、長い年月で得られました豊かな経験を生かして、今後も各企業のためにご尽力下さる様、心からお願いします。」と挨拶されました。
 その後表彰式に移り、各賞が受賞者に授与され、最後に受賞者を代表して大塚克美さん(飯田建設工業㈱)が受賞への謝辞を述べられました。
 続く新春講演会では、白鴎大学教授の福岡政行先生をお招きし「2006年の日本政治と経済を展望する」と題して講演が行われました。
 先生は全国各地を回りフィールドワークで生のデータを収集するなど、実証的な政治学に定評があり、テレビ各局でコメンテーターとしても活躍。
 講演では有力政治家との幅広い人脈を生かし、政財界の裏話なども織り交ぜながら、今後の政治経済の展望について見識を披露されました。
 合併後初の新年会では、これまで以上の数多くの方に各方面よりご臨席を頂く中、沼尻会長の主催者代表あいさつに続き、市原つくば市長などからご祝辞を賜り、鏡割り、乾杯と続き歓談となりました。
 最後に参加者全員による万歳三唱で締め括り、盛会のうちに終了しました。