メニュー
最新情報 rss

2005年03月15日

「まもなく、つくば市に東京行きの電車が参ります。」~つくば駅視察

 商工会では、2月15日火、商業、サービス業、観光業、金融・保険・不動産業の四部会合同により、つくばエクスプレス(TX)のつくば駅建設現場見学会、並びにセミナー「沿線開発とまちづくり」を開催しました。
 開業まで約6ヶ月と迫り関心も高く、当初の予定を大幅に越える申し込みがあったため、見学会を午前、午後の2回に分けて行いました。
 つくば駅の構内は、すでに大規模な工事は終了しており、現在は車両の走行試験が行われていました。
 構内の案内放送なども本番さながらで、開通間近を実感させられました。
 セミナーでは、講師に独立行政法人都市再生機構茨城地域支社の金岡靖幸氏をお迎えし、機構が開発を進めている「研究学園駅」(葛城地区)と「みどりの駅」(萱丸地区)周辺の開発状況やまちづくりについて説明を受けました。
 いずれの地域もTXの沿線開発の中では面積が広く、またつ
くば市中心部に隣接していることから、「つくば副都心」としての高度な都市機能を備えることが期待されているとのことでした。TX開通への期待と関心の高さから、説明会終了後も熱心に質議応答が交わされていました。